ペンを持たない日本語文法教育

どうすれば、入口のハードルを下げられるだろう。

日本語初級者向けの忍者トレーニングの開発は、そこから始まりました。

第1課「はじめまして」より先に、初級の文法・文型を体系的に一気に教える忍者トレーニング。

親しみやすいイラストカードで楽しく学べる教材を作成いたしました。

地域の国際化や日本語学習者の多様化が進む一方で、日本語教育の現場では専任講師の比率が極端に低く、ボランティア講師が半数以上を支えています。また、教えることができる人材不足や財源不足による地域格差は、今後ますます広がると予測されます。

日本語を学びたくても教えてくれる人がいないと嘆く就労者、日本語が理解できず学校の勉強が困難な子供たち。

このような状況下において、「日本語講師の資格はないけど、日本語を教えてみたい」「教えた経験がなくて、教科書を見てもどうやって教えたらいいか分からない」という声をたくさんいただきました。そのため、初めて教える方にとっても負担なく教えられる教授法を考案いたしました。

初級を教えられる講師を増やし、1人でも多くの学習者に教育機会を提供できれば幸いです。

忍者トレーニングは、公認講師制度を導入することで授業に必要なツールをサポートし、誰が教えても同質の教育を実現させることを目指しています。

忍者トレーニング教育協会

タイトルとURLをコピーしました