【文法】外国人に「て形」を教える方法

Stage1
スライドで導入

教材のダウンロードはこちら

単語で発音練習

13個の単語をフラッシュカードで導入します。

説明 この時、できるだけ学習者自身に「て形」の作り方に気づかせます。

「て形」は1グループが複雑なため、作り方がシンプルな2グループと3グループから教えます。

て形の作り方 (2グループ)

「◯◯る」の「る」を取って「て」を加えます。

例:みる➡︎みて おきる➡︎おきて ねる➡︎ねて たべる➡︎たべて

て形の作り方 (3グループ)

する➡︎して くる➡︎きて

て形の作り方

もう一度、2グループと3グループの作り方を確認します。

て形の作り方 (1グループ)

ルール①「-う・-つ・-る」「って」に変えます。

 例:あう➡︎あって たつ➡︎たって すわる➡︎すわって

ルール②「-む・-ぶ・-ぬ」「んで」に変えます。

 例:やすむ➡︎やすんで あそぶ➡︎あそんで しぬ➡︎しんで

ルール③「-す」「して」に変えます。

 例:はなす➡︎はなして

ルール④「-く」「いて」に変えます。

 例:かく➡︎かいて  例外 いく➡︎いって

ルール⑤「-ぐ」「いで」に変えます。

 例:いそぐ➡︎いそいで  

て形クイズ

て形といっしょに動詞のグループも確認します。

例)話す➡︎はなして➡︎1グループ

カードを使ったトレーニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました