【文法】外国人に「受身形」を教える方法

Stage1
スライドで導入

教材のダウンロードはこちら

単語で発音練習

10個の単語をフラッシュカードで導入します。

説明 この時、できるだけ学習者自身に「受身形」の作り方に気づかせます。

受身形の作り方 (1グループ)

u段をa段に変えて「れる」を加えます。

例:いく➡︎いかれる のむ➡︎のまれる あそぶ➡︎あそばれる

注意 「-う」で終わる動詞は「わ+れる」になります。

例:うたう➡うたわれる  かう➡かわれる

受身形の作り方 (2グループ)

「◯◯る」の「る」を取って「られる」を加えます。

例:みる➡︎みられる きる➡︎きられる ねる➡︎ねられる たべる➡︎たべられる

注意 可能形と異なり、「ら抜き」はできません。

受身形の作り方 (3グループ)

する➡︎される くる➡︎こられる

受身形の作り方

もう一度、受身形の作り方を確認します。

受身形クイズ

受身形といっしょに動詞のグループも確認します。

例)聞く➡︎きかれる➡︎1グループ

カードを使ったトレーニング

コメント

タイトルとURLをコピーしました